提供分野



疲労回復、リラクゼーション

 故・浪越徳次郎氏は指圧の普及に尽力しました。
昭和40年代ごろには多くのメディアで取り上げられ、
一般の方はもちろんの事、
大物政治家や一流芸能人の方までその効果を認めていました。


 当院の施術はその浪越指圧をベースにしています。
(日本で国の認可をうけた正式な指圧療法は波越だけです)


 全身の指圧施術はとても気持ちが良いものです。
指圧による血流改善やリラックス効果により、
疲労回復や深い眠りに役立ちます。



 施術後は夜よく眠れるようになると多くの方が仰います。
ストレスの多い現代社会にうってつけといえます。


 政治家や芸能人を魅了した指圧をあなたに。



 実はオイルマッサージもひっそりあったりします。


手技治療、運動療法、精神療法

【手技治療】

 指圧の作用として、
筋肉を緩めて動きを滑らかに良くしたり、
力を入れたり抜いたりしやすくします。


 硬い筋肉は疲れやすく、
動く範囲が制限されたり、
痛みを起こす原因ともなります。

動きにくいとより大きな力を使いますので
筋肉が硬くなりやすく、悪循環です。


 この悪循環を断ち切り、本来もつ機能や能力を
十全に発揮できるよう支援します。

【運動療法】

必要な筋肉がうまく動かずに、
症状が出る場合があります。


全身には沢山の筋肉があります。
誰でも、得意な筋肉や苦手な筋肉は出てきます。
(右はやりやすいが、左はやりにくい、とか)


筋肉が適切なときに適切に働くように、
筋力バランスを整えたり、動き刺激を入力します。


人によってどの筋肉が苦手かが違いますので、
提供メニューは異なります。
必要な筋肉ごとにメニューが変わります。
身体の変化に合わせ、進行で変わることもあります。


トレーニングや身体に興味のある方へは、
筋肉の吊前などをすべて具体的にお話しています。
(大腿直筋が短縮、大殿筋がすこし上足、など)


【精神療法】

人間には相反する願いが同時にあることがあります。
これは通常の事です。
そのようなとき、一方を無い事にして先に進んでもうまくいかないのですね。


そういったとき、手技や運動療法は治療になりません。
少し別の角度から取り組む必要もあります。


スポーツ支援、トレーニングサポート

 支援の一例として、運動効果を上げて、
同じ運動でも効能を高める事を考えてみましょう。


 たとえば、筋力アップには運動後の回復が 必要ですね。
そして回復には材料が 必要ですよね。
材料はアミノ酸とかになるわけですが、
それらは胃腸で消化吸収して、血液が 全身に運びます。
そうすると、 消化吸収や血液循環を高めること もひとつ考えられます。


 疲労の回復を早めて、運動のサイクルを早める事もできますね。


 ほかの例では、筋肉は神経の 指示で動きます。
神経系は筋肉の上司です。 有能な上司の下では部下もいい 仕事をしますよね。
神経系の能力を鍛えることも出来ます。


 運動効果を考ええる上で、
ケガや症状の治療予防は当然ですが、 こんな風に人体を総合的に考えると、
効果の高め方は沢山あることが判ります。

 既存の方法にとらわれず、 原理を深め本質を提供します。
もし 困ったらご相談ください。



 トレーニングの相談もOKです。
意外と知られていないようなのですが、
鍛える目的によって、トレーニング方法は変わってきます。

 最大筋力をあげるのと持久力をあげるのでは、
トレーニングが違うんですね。
動きの中でよく動けるようになるトレーニングも違います。
それゆえ、効果が出ないのは違う事をやっている可能性もあります。

リハビリテーション、ADL向上

 本来、リハビリテーションの意味は「社会再参画《のことです。

当院は、この意味を大切にしていて、
「社会再参画に役立つもの全て《がリハビリテーションと捉えています。


 怪我や事故からの復帰に向けての諸活動もリハビリですし、
高齢者の動作練習や動作の介助もリハビリです。


 動きのリハビリも単なる運動でなく、
「社会再参画《の視点から行います。


 具体的には、
動きに伴う内部感覚に焦点を当てたり、
生活中の動き(寝返り、起き上がり、座る、歩くなど)も扱います。
車椅子の移乗(乗り降り)動作も可能です。
これらは高齢者でも同じことです。

 若いときや元気なときは力に頼ってもよいのです。
しかしその動きは、力が弱っているとできません。


 少ない力の動きはケガの回復を早めます。
高齢者においてはできる動きが増えます。

少ない力での動きは多くの場面で役に立つでしょう。


介護動作練習、環境整備

【介護動作練習】

 実際に誰かを介助するとき、まず最初の難問が、
「どうやって介助をするのか《ということです。

 少ない力で楽にできること、
自分の身体を壊さないことも重要です。
介助者も非介助者も楽しい方法を学びましょう。


 私たちは普段動いていますので、
動き方を知っていますが、理解はしていません。
ともに動きを理解を深めましょう。


 世の中にはいろんな介助方法があります。
ボディメカニクスや物理学を基にしたもの、
一時期流行った古武術介護、などです。

 これらで問題ない方はそれでよいです。

 しかし、これらは動きの支援にはならないのです。
その動きは機能向上後に一人でできるでしょうか。
多分出来ないか、できても力がたくさん必要です。
復帰してすぐに力強い動きができるでしょうか。


 一人でできない動きを学習して適応してしまうと、
一人で動けなくなります。
機能が改善しても周りは介護を続ける羽目になります。

 自立を促す介助の方法を学びましょう。


【環境整備】

 人間は環境と相互に影響します。
いつもと違う環境になると、普段できた事ができない事はよくあります。
ステージで大勢に注目された経験のある方は想像できるでしょう。

 家の中で言えば、
家具の位置、座面の高さ、履物や杖などの道具、洋朊、寝具、
手すりや柵、クッションやマットレスなど、全て環境です。
これらがすこし変わるだけで、動きやすくも動けなくもなります。

 動きやすい環境を整えることは大切です。
環境が原因で動けないのに「自分は能力がない《と思って
寝たきりになったり、ショックで早く亡くなる方も多いです。


 介助者や周りの人も介助を受ける方には環境です。
支援とは何か。
概念から考える事が大切です。

練習会、研究会

【介助動作練習会】

執筆中

【オイルマッサージレッスン】

執筆中

【動き感覚の修練会】

執筆中

【からだのしくみ講座】

執筆中