目次

診療時間
時間 と 料金
提供内容 と 手段
初診の流れ(施術の場合)
大切にしていること
対応可能な症状のめやす
施術に関するQ&A

診療時間

 10:00~12:00
 14:00~20:00

休日、時間外は、相談いただければできる範囲で対応します。


jikan

TEL

<ご予約のこと>
・お電話かメールが無難です。
 (往診など不在があるため)

・時間枠の指定がない場合、60分でお取りします。

時間と料金

表示はすべて税込です。
施術2

     初診料   1000円

     45分   5500円
     60分   7000円
     90分  10500円



   ・消費税増税により価格改定をしました。

   ・無料相談可能。30分くらいです。

   ・往診可能。往診料が別途必要です。
    詳細はお問い合わせください。

提供内容 と 手段


 当院の役目はあなたが気持ちよく自然に生きる支援です。


【できないこと、しないこと】

  ×脱臼中、骨折中における、患部への直接施術
    (患部以外または治癒後は可能)
  ×薬の処方や情報提供


【できること】

  〇筋肉、骨、動き、各種症状に関する支援
    整形外科領域、内科領域、
    スポーツ障害、トレーニング、リハビリ、

    高齢者や後遺症などの動作介助、介助動作、
    日常生活動作の向上
    (寝返り、座位、車椅子へ移乗、立ち座り、立つ、歩くなど)

  〇自己回復力を高める支援
    けが、病気の回復を助ける
    治る期間を短くする(骨折,打撲,外傷含む)
    疲労の回復を早める、高める
    身体能力・パフォーマンスを高める、
    けが、病気、不調を予防する

  〇精神的な面の支援
    リラクゼーション・癒し・和みの施術
    緩和目的の施術(終末期ケア含む)
    悩み相談(将来、進路、人間関係など)

  〇各種情報提供


  当院のコンセプトは「自然に生きる」です。
  その視点に沿った支援を行います。
  支援のかたちは重要ではありません。



【提供手段】

  ・各種施術
      指圧、オイルマッサージ、筋膜アプローチほかの手技・概念
      G.ベイトソン学習理論に基づいた神経の促通・再学習など。
  ・心理療法:交流分析、論理療法、潜在意識教育など
        一般意味論、システム理論、階型理論
  ・情報の出典:解剖生理学、運動学、論文、臨床経験など。
  ・体験を通した気づきの提供

  ・その他
   当院の範囲を超えると思われるものはその旨をお伝えします。



初診の流れ(施術の場合)


初回で施術のときの流れを紹介します。


検査器具

①カルテ作成
  予め記入したものをお持ち頂いてもOKです。
  カルテダウンロード


②お見えになった経緯やご希望など再度確認します。
  忌憚なくお伝えください。
  希望により進む方向が変わるので、決まらない限り先に進めません。


③いまの状態をみます。
  全身の姿勢状態や動きの状態をみて、
  ケアの必要な部分のあたりをつけます。
  症状に応じて道具を使います(写真参照)


④施術や動きの練習などを行います。


⑤終了後の状態をみます。
  ご自身では前後でどう違う感じがするかもうかがいます。
  本人の感覚と外からの判断と、両方が大切です。


⑥質疑応答など
  聴いておきたい事など何かあれば。


⑦次回予約など



大切にしていること


Nothing special.
特別な事は何もありません。



・基本的なこと
 基本は地味ですが結果が全く違います。
 基礎≠初歩です。
 見た目や小手先よりも本質を追求します。


・人が相手であること
 一人ひとりに都合があり人生があります。
 これはお題目ではありません。

・丁寧に行うこと
 よいことも雑に行っては台無しです。
 プロセスを順に進みます。


・結果を急がないこと
 ①すぐ使えるものは、すぐ使えなくなります。
  長く使えるものは、身につけるのに時間がかかります。
 ②前提や条件が揃ってない場合、うまくいきません。

・時間や心のゆとりを保つこと
 私たちは時間に追われるうち、
 当たり前のことを忘れます。
 上にあげたものも、当たり前の事ですよね。


そのほかに
・安全第一、負荷が少ない方法を行う
・‭相談の時間をしっかりとる
・相手が何を思い、どう感じるかを考え続ける

などがあります。

対応可能な症状のめやす



●対応可能なもの
 慢性のもの、
 繰り返されるもの、
 検査で異常がないもの、
 使いすぎやケア不足、
 自律神経系に起因するもの、
 免疫系等の疲れや乱れによるもの、  心理的要因のよるもの
 各種後遺症による不便

基本的に病名での判断はあまりしません。
(参考にはします)

その理由は、‭
・末期の癌でも緩和目的のケアは可能です。
・「私があなたの希望にどう協力できそうか」ということと、
 「病気の名前」は、関連はしますが別の事です。


施術に関するQ&A


Q:背骨などをボキボキやりますか?
A:やりません。
   筋肉の緊張習慣などが適切になれば、
   自然とちょうどよい位置に収まります。


Q:施術は痛いですか?
A:痛くないようにしてます。
   施術の強さが一定でも、
   その時々で感じ方は変わります。
     我慢せず好みをお伝えください。


Q:物足りないのですが、効いてますか?
A:効いてます。
   強くもできます。しかし、
   強さと効果は別もので比例しません。

   一応、情報提供いたしますと、
   いつも砂糖を3杯だと、1杯では甘く感じませんね。
   しばらく1杯を続ければ再び甘さが判ります。
   身体の感度が落ちていることは危険信号のひとつです。

Q:施術はどんな服がいいの?
A:普段着でOKです。
   指圧は服の上から行います。
   細かい事はあまり気にせず大丈夫です。


Q:全体的にも見てもらえますか?
A:もちろんです。
   人はシステムです。一部と全体は影響しあいます。
   局所症状でも、ほかからの影響がありますし、
   症状手前の無自覚部分(いわゆる未病)もわかります。
   見ない理由がとくに無ければ見るようにしてます。


Q:○○(症状・病気)は治りますか?
A:そこが気になるのは当然のことで、
  その気持ちは非常によくわかります。

   しかしながら、どんな病気でも、
   あなたが生きる状況を見ないうえに
   固定した答えを書くことは無理があります。

   そして、変に長引く疾患や一見よくわからない症状は、
   丁寧に根を辿りますと、
   その人の生き方や人生観・世界観に繋がることも多いのです。
   そういったものかどうか区別する必要もあります。

   もしその症状や疾患にお困りなら実際にお見えいただいて、
   ともに良い方向へ向かうよう取り組めるといいなと思います。

   一応、付け加えるならば、
   筋肉に起因するような単純な症状や疾患では治療に困らなくなった、とは伝えておきます。




【その他】
使用する枕、胸当て、ベッドは使う度にアルコールで拭いています。
フェイスタオルは顔に跡の付きづらいものを使っています。

施術室

参考画像  ブログもご参考ください